スポンサーサイト

    • --/--/--(--) --:--:--

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    ぷまが家にやってきてから・・・その2

    • 2010/08/30(月) 11:26:19

    だいぶ前回のエントリーからあいてしまいました
     ぷまが家にやってきてから・・・その1
    の続きのお話、その2です。

    ぷま置物

    我が家での2度目の新しい生活が始まり、ぷまも慣れ始めた頃から始まりました。
    何が始まったかというと、、、いたずらと噛み癖
    初めて文明に接した原始人のよう?! に、何にでも興味を持つぷま
    あらゆるものを噛み、段ボールのケースや藤のかごはボロボロ
    充電器のコードも瀕死状態。。。

    ぷまいたずら

    カーテンレールに乗るわ~、
    クリスマスツリーの中をよじ登り、枝やオーナメントを落とすわ・・・で大変
     ネコはこんなもんなんだよ
    というダンナの言葉にも、先代のぶうがあまりにもおとなしいネコだったので、
    そんなのもなの
    と疑問を持ってしまうくらい、いたずらばっかり
    もっと慣れてくると、私の手や足にも噛み付いてきていつも泣かされっぱなしでした。

    でも、昨年の秋頃からかな。
    ぷまの気持ちがわかるようになってきたら、
    いまだに私の足には噛み付くけど、だいぶいたずらも落ち着いてきました。
    ぷまが 人一倍(ネコ一倍?!)寂しがりやな分だけ、
    自分の気持ちに気づいてもらえないと
    噛んだり、気を引く為にいたずらをするのかもしれませんね。
    ちょっと反省です

    ・・・で、そのぷまは、今何しているかというと・・・。
    ぷまいたずら2
    ウォークインクローゼットの棚に上ったはいいが、
    下に降りられなくて困っているようです

    頑張って自力で降りてこ~い

    スポンサーサイト

    ぷまが家にやってきてから・・・その1

    • 2010/08/20(金) 11:47:30

    今日はぷまが我が家にやってきてからのお話。
    前回のお話
     ぷまとの出会い
      からの続きです。

    セール価格の売れ残りだった?! ぷまが、我が家の一員になって一安心。
    ぷまも早くかわいがってもらおうと、喉をゴロゴロならしながら
    旦那と私に交互にすり寄ってぷまは必死に甘えてきます
    これだけ甘えるのだから、すぐにうちにも慣れるだろう。
    そう思ったのもつかの間。
    その日の夜に少しだけエサを食べただけで、
    その後はまったく水もエサも食べなくなってしまいました。

    エサのあげ方が違うのか?とペットショップに再度電話で確認しても、
    間違えていないのに、全く食べようとしません
    2日間どうしても食べないので、ペットショップと相談して
    指定の病院に入院させる事になってしまったのです

    08ぷま入院

    お見舞いに行った時のぷま
    腕には点滴の管をつけられて痛々しい姿に
    自然と涙が出てきてしまいました。

    そうしていろんな検査をしてもどこにも異常は見られないとのこと。
    ペットショップでは他のネコも沢山いたけど、新しい環境の中でひとりぼっちになって、
    きっと寂しくてエサを食べる余裕がなかった。
    ということだったみたいです。
    _____今でも極度の寂しがりやです

    ただエサの好き嫌いが激しくて、
    いろんなエサを食べさせて様子を見てくれた病院の先生に、
    「ぷまちゃんは、このエサしか食べません!」
    と、手渡された試供品はロイヤルカナンのドライフード。
    ロイヤルカナン?! た、高いよ
    先代にゃんこの時から、1kg1,000円前後のエサを基準にしていたので、
    大変だ~ と、思いながらも無事に退院して、
    新たに3人の生活がはじまりました。

    つづく

    ぷまとの出会い

    • 2010/07/30(金) 14:45:06

    ぷまが我が家にやってきたのは2008年11月29日。
    その年の9月4日に先代ネコのぶう(ヒマラヤン:15歳)を亡くし、
        もう新しいネコは飼わない
    と思っていた時に、あるホームセンターのペットコーナーで、
    セール価格になっていたノルウェージャンフォレストキャットを見つけました。

    翌週もそのホームセンターへ買い物に行くと、まだそのネコが売れ残っています。
    うちのダンナは、そのネコが気になってしまい、ずっと見ていると
    店員さんがそのネコを抱っこしてみますか?と声をかけてきました。
    『それならば』と抱っこさせてもらうと、
    そのネコはのどをゴロゴロ言わせとてもかわいいのです
    ケースに戻されても、おなかを出して空中をふみふみ。
    なんて、かわいいんだろうと思ったけれど、
    まだ先代ぶうの死から立ち直っていないこともあり、
    飼う気が出なかったのでそのまま帰宅しました。

    でもその後、そのネコのことが気になって仕方がありません。
    セール価格だったこともあり、もしかしたら処分なんてことも???
    と、最悪なことばかり考えてしまいます。

    その週末、「売れていてくれ」と願いながらもそのネコの様子を見に行くことにしました。
    すると、案の定売れ残っています。
    そうなると、私が飼ってあげないといけないという気持ちになり、
    晴れて我が家の一員となったのでした

    子猫ぷま
    初めて「ぷま」が我が家に来た時。

    本名はぷーま。2008年8月8日生まれ。
    ノルウェージャンフォレストキャット。
    サッカー好きの夫婦が考える名前は、スポーツメーカーの中から・・・
    という簡単な理由で名付けてしまいました



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。